【新作情報】モノローグ・ダイアログ

 皆さん、アナログゲーム祭典「ゲームマーケット2022秋」が近づいてきましたね!
 我々、かりかりうめは今回、新作ゲームを用意して参加いたします!

 それでは、かりかりうめによる新たな世界『モノローグ・ダイアログ』の一部をご紹介しましょう!
 

空想の旅路にしばしお付き合いください。
願わくば、そこからなにかを持ち帰ることができますように。

ジャンル:1人用&2人用RPGオムニバス/メランコリック・ファンタジー

プレイ時間:不定

プレイ人数:1〜2人

頒布価格:1500円

ゲームマーケット2022秋 10月30日(日)ク 09「かりかりうめ」にて頒布予定

※本作には1人用のゲームと、2人用のゲームが計4作収録されています。

 かりかりうめの新作『モノローグ・ダイアログ』は1人用ソロジャーナリングRPG2人用対話型RPGをそれぞれ2本ずつ収録した計4作のロールプレイング・ゲームのオムニバスです。

・ソロジャーナリングRPGとは?

ダイスやカードなどのランダマイザを用いながら想像力を働かせ、あなたのキャラクターの物語を綴る1人用のゲームです。

・対話型RPGとは?

いわゆるGMは必要なく、参加者2人のキャラクター同士のやり取りを通じて、ひとつの短い物語を織りなしていくゲームです。


 今作『モノローグ・ダイアログ』に収録された4作の世界は、それぞれ趣を異にするファンタジー世界ですが、どれもどこか物憂げで物寂しいような、メランコリーの雰囲気を持っています。

 『モノローグ・ダイアログ』に収録された4作の世界をそれぞれご紹介しましょう。

大地の底に閉ざされた「カタコンベ系」を彷徨う

形式:1人用(ソロ・ジャーナリング)RPG

●概要
 『スフィンクスのカタコンベ』では、プレイヤーはどこまでも続くかに思われる暗闇の広間と回廊「カタコンベ系」を探索する人物となります。

 カタコンベ系であなたは、いくつもの広間と様々な「贈りもの」──彫像、小さな魚や鳥、道具やガラクタ──と出会うでしょう。
 どんな広間を訪れ、どんな贈りものと出会うかは、サイコロを振って得られた暗示を元に、プレイヤーが想像力を働かせて描写していきます。
 また、プレイヤーには「ここはどこなのか?」「あなたは誰なのか?」といった答えるべき6つの質問が用意されています。カタコンベ系での探索を通じて「意味」を見いだすことが、このゲームの目的なのです。

花の名前を持つ2人の少女は“手折られる”ことを望み、ゲームに興じる。

形式:2人用(対話型)RPG

●概要
 『手折られる花たちの会』は2人のプレイヤーがお互いのキャラクターについて語り、演出し、対話することによって紡がれる短いストーリーを遊ぶゲームです。

 2人のプレイヤーはある美しい孤島で共同生活を送る”花の名前を持つ”少女たちの一員となります。
 孤島には、静かで豊かな暮らしに倦んだ一部の少女たちの秘密の集まり「手折られる花たちの会」があります。
 プレイヤーたちはこの会で行われる遊戯──トランプのジョーカーを受け取った少女が、ハートのAを受け取った少女を”手折る”というゲーム──に参加することになります。
 2人のプレイヤーはそれぞれ”手折る”ものと”手折れらる”ものとなり、お互いのことを問いかけ、返答をしながら語り合います。
 秘密の遊戯の果てに、2人はどんな結末を迎えるのでしょうか?

魔法使いの弟子は、一年をかけて師に学ぶ。旅立ちは近い。

形式:2人用(対話型)RPG

●概要
 『4つの季節と4つの魔法』は、2人のプレイヤーがそれぞれ魔法使いとその弟子となって、1年間、4つの季節の修行を通した交流と旅立ちを描くゲームです。

 赤い彗星が現れ、乱世の到来が予見される世界。深い森の奥で魔法使いは弟子に魔法を教え、弟子はその魔法によってなにができるかを考えています。
 魔法使いは何者で、弟子はなぜ魔法を教わるのか。やがて旅立っていく世界とはどんな場所なのか、そして「魔法」とはどのようなものなのか。その内容はプレイヤーの想像力に委ねられ、キャラクター同士の対話によって描写されるものなのです。
 魔法使いと弟子の対話を通してキャラクターと世界を描き出すことこそがこのゲームの目的なのです。

〈請願者〉は〈魔王〉にまみえんがために森を行く。その過去と願いとは。

形式:1人用(ソロ・ジャーナリング)RPG

●概要
 『短い夜の話』では、プレイヤーは「あなた」もしくは〈請願者〉と呼ばれる人物となって、夏至の夜に禁域の森を進むことになります。

 この森は魔物たちとそれらを統べる全知の獣たる〈魔王〉の住処です。
 この〈請願者〉は、喪ったものを取り戻すため、あるいは復讐のため、もしくは他の願いのために、〈魔王〉の力を借り受けようとしている──そんな人物です。
 あなたはなぜ〈魔王〉の力を求めるのか、あなたがどんな人物で、過去にどんな経験をしてきたのか、〈魔王〉とは何者で、何を捧げ、何を願うのか……その答えは全てタロットカードの暗示から導き出していくものなのです。

 今回ご紹介した4つの作品はそれぞれに、儚い幻想の世界へとあなたを導いてくれることでしょう。
 よろしければ少しの間だけ現実を離れて、空想の世界に迷い込んでみませんか?
 ただし、そこでなにが見つかるとも、私たちは言うことができません。見つけるのはあなたなのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください