インセインシナリオ集「辻の屋敷」

インセインシナリオ集「辻の屋敷」表紙
本文:てす、ヨハン・イブラヒム
イラスト:eSe

概要

 マルチジャンル・ホラーRPG「インセイン」のシナリオ集です。「館もの」をテーマに4本のシナリオを収録しました。
 B5版、本文40ページ。

4つの屋敷、4つの謎――

 四辻に建つ地主の屋敷、地方都市を牛耳るマフィアの私邸、壁に囲われ外界と隔てられた館、孤島の聖域。
 本書に収められた4つのシナリオはいずれも、どこかの「館」を舞台にしている。
 登場人物たちが館に集い、物語が動き出すのだ。
 謎は恐怖を、恐怖は狂気を呼び、滓のように積もりよどんでいく。
 館とは閉ざされた世界である。もうどこにも、逃げ場はない。

収録作品

辻の屋敷暗黒のヴィクトリア、3人、3サイクル
 地主夫妻が急死し、取り残された姉妹。そんな二人の助けにならんと駆けつけた従兄。四辻に建つ館で、それぞれの思惑が交錯していく。

ファンタズマの影狂騒の二〇年代、3人、3サイクル
 街を牛耳るマフィアの首領“狂父”ジャンマルコが「亡霊」に命を狙われた。それは老人の妄想か、それとも本当のことなのか……。恐るべき過去の因縁が蘇る。

箱庭の天使たち暗黒のヴィクトリア、4人、1サイクル
 壁に囲まれ、閉ざされた〈館〉。目覚めたのは記憶のない少女たち。穏やかな日々は突然に破られ、彼女たちは秘密をわかちあう。

終末の島狂騒の二〇年代、2人、2サイクル
 世界の終末を夢に見た。嵐が過ぎ去り、ほかのすべてが破壊されたとき、この館とそこに集った者たちだけに、穢れなき新世界が待ち受けているのだ。
 

ページサンプル

辻の屋敷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください